廃棄物の管理は適法に行わないと罰則があります。当社は適法な管理の事務的・法的なサポートを行います。

廃棄物とは

  産業廃棄物:事業活動から発生する廃棄物で法令で指定されたもの(事業系)

          (有害な物などは特別管理産業廃棄物)

          処理責任は排出事業者にあります。

  一般廃棄物:産業廃棄物以外のもの(家庭系、事業系)

           (有害な物などは特別管理一般廃棄物)

          原則として市町村に責任があります。災害廃棄物も同様です。

 

廃棄物管理の内容

  @ 自社で処理する場合

      自社の廃棄物処理施設で処理する場合。このうち法令で定める特定施設(廃棄物処理法

     15条施設)については、設置許可が必要です。

     自社の車両で運搬する場合は、産廃業(収集運搬業)の許可は不要です。

  A 他社に委託する場合

     他社は許可を持った産廃業者(収集運搬、処分)です。それぞれと産廃処理委託契約

     を結び、マニフェストに基づき適正に処理しなければなりません。この内容は詳細に

     法令で決められています。     

 

当社のサービス内容

    他社に委託する場合の管理がいろいろなトラブル、不適正処理の源りとなっています。そのため

   当社のサービスは以下の通りです。

   1) 産廃業者の許可内容のチェック

        許可期限、許可品目、処理能力の確認など

   2) 処理施設の現地確認

        廃棄物処理法の正しい理解がないと、処理施設が問題ないかどうか分かりません。

        当社のノウハウで処理施設の実態を確認します。

   3) 産廃業者の信頼性のチェック

        行政処分の有無

   4) 産廃処理委託契約書のチェック

   5) マニフェストのチェック

信頼できる産廃業者の紹介

    当社は数多くの産廃業者を知っています。地域、得意分野、信用度など御社にふさわしい

  産廃業者をご紹介いたします。

廃棄物処理の相談

  廃棄物の処理に関することなら、なんでもご相談ください。自社処理施設の許可申請もご相談

 ください。(提携の行政書士が対応いたします。)

▲このページのトップに戻る