建築基準法51条但書許可申請の経験とノウハウがあります。

建築基準法51条但書許可とは

 都市計画審議会において敷地の位置が都市計画上支障がないと認められた場合、特別に廃棄物処理施設として

 設置許可されたもの(位置決定) 

  具体的には、その土地(特定された土地)に廃プラスチックの破砕施設(例、1日10トンの処理能力)を設置する

 場合。

 一度この許可を取ったとしても、敷地を拡張したり、処理能力が一定以上(たとえば1.5倍)に拡大する場合などは

改めて、許可を取り直さなければなりません。

 この許可申請は数ある許認可申請の中でも厄介な部類に属します。

 正式の許可申請の前に事前計画書やらの事前協議の書類のやり取りが沢山あります。関係者との調整が大変です。

 経験とノウハウのあるコンサルタントがいないとなかなか進まないでしょう。

 

 都市計画審議会

 51条但書許可を取るには、都市計画審議会にかけなければなりません。地元の市町村の審議会にかけるほか

 都道府県の審議会にかけることが多いです。地元の市が政令都市など特定行政庁の場合は、市長が許可権者

 であるものの審議会は県の審議会にかける仕組みのこともあります。また、審議会の日程が議会の開催日との

 関係でイレギュラーなこともあります。

▲このページのトップに戻る