産廃処理施設と開発許可

 開発許可とは

  開発許可とは、主として建築物の建築または特定工作物の建設の用に供する目的で行う、土地の区画(敷地の区画

 変更)形質(土地の造成。切り土盛り土)の 変更を言います。

開発許可は、都市計画法で定められているほか、自治体の指導要綱などで運用の細目が多岐に亘っています。

 都市計画法や建築基準法のよる土地の規制状況によって、開発許可の要否や規模、内容がさまざま

です。

 コンクリートクラッシャー(破砕機)の設置

  がれき類の破砕機を設置する場合。基礎工事の程度によっては

   開発許可が必要な場合があります。(自治体によっては、木くず、ガラス陶磁器くず、廃プラスチック類の

   破砕まで拡張解釈をするケースがあります。要注意です。)

   市街化調製区域

 市街化調整区域の場合はとくに要注意です。開発の用途や目的によって許可が取れる場合、取れない

場合が異なります。

 産廃施設を作る場合、殆ど開発を認めない自治体もあります。認めるとしても限定的(たとえば、

 管理棟のみ)な場合もあります。

 

 開発許可と建築基準法51条但書許可の関係

   両者は、別々の法律に基づく制度ですから、相互に独立した許可です。しかし、自治体によって、両者の取扱は

 異なります。都市計画審議会にかけて建徳基準法51条但書の許可を出すんだから、開発許可も一緒に出そうという

 自治体もありますが、多数派とはいえないようです。

 

▲このページのトップに戻る