産廃業者や処理施設の確認

産廃業者の調査

 産廃業者の種類:

        1、  収集運搬業

               1−1    (保管積替を除く)

               1−2    (保管積替を含む)

        2、  処分業

               2−1  中間処理業、(再生業)

                      2−1−2 特定施設のあるもの(15条施設)

                      2−1−2 特定施設のないもの

               2−2  最終処分業

       *特別管理産業廃棄物についても、同様の区分があります。

   何を、何のために調査するのか

      1、産廃業者が許可を持っているか

      2、委託処理しようとする内容と許可内容が合っているか

      3、産廃業者が行政処分を受けていないか、受けたことがないか

      4、産廃の排出事業者は適法に処理するために、適法な産廃業者に処理を委託するために

        調査するのです。万一、産廃業者が違法(不適法な処理)をすると、委託した排出事業者も

        処罰(刑事罰)されることがあります。

     調査は事故を未然に防ぎ、信用できる産廃業者に委託するために必要です。   

 

▲このページのトップに戻る