産廃処理業者の選定

産廃処理業者の選定を誤ると、依頼者である排出事業者も責任を問われることがあります。

しかし、産廃許可を持っているからといって、すべてを産廃業者にゆだねるのは最も危険です。

自分の目で多角的に見なければなりません。しかし、これが難しいのです。

 ・産廃業者の公開情報を丹念に見る。

 ・会社の現状(施設、設備、車両、従業員、財務内容など)をよく調べる。現地(会社、工場など)
  を実際に見て、許可証などと違いがないかを調べる。

 ・廃棄物処理法を書籍や役所のパンフレット、法令集などでそれなりに勉強し、
  専門知識を増やす。

 ・その他たくさんあります。専門のコンサルタントや行政書士などに調査を頼むのも
  有効でしょう。

▲このページのトップに戻る