排出事業者の責任は極めて重いです。

      排出事業者に対する罰則

     刑事罰は非常に重くなっています。しかも多岐に亘っています。

     これを見据えたうえで、コンプライアンス体制を構築する

     ことが必要です。

      5年以下の懲役もしくは1千万円以下の罰金又は併科

        措置命令違反、無許可業者への委託基準違反、

        廃棄物の投棄禁止違反、廃棄物の焼却禁止違反

 

     2 3年以下の懲役もしくは300万円以下の罰金又は併科

        委託基準違反、改善命令違反

 

     3 1年以下の懲役もしくは100万円以下の罰金

        マニフェスト交付義務違反、マニフェスト保存義務違反、

         勧告命令義務違反

 

     4 6月以下の懲役もしくは50万円以下の罰金

        事業場外保管届出義務違反(無届、虚偽届)

 

     5 30万円以下の罰金

        処理責任者等設置義務違反、報告義務違反、

        立入検査の拒否、妨害、忌避

 

         廃棄物の投棄禁止違反、廃棄物の焼却禁止違反

       20万円以下の過料

         事業場外保管届出義務違反(14日以内届出せず)

         処理計画義務違反(多量排出事業者)

         処理状況報告義務違反(同)

      7 両罰規定

        法人と役員、従業員

 

 

▲このページのトップに戻る